名曲”Love Story”など 安室奈美恵 12月発売シングル・アルバムまとめ [動画あり・一覧]

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は新型コロナウィルスの影響でデビュー日である9月16日には、沖縄で花火ショーは開催されませんでした。それが今年は12月12日にオンライン開催されます。クリスマスもあるので、街では”Christmas Wish”が流れてきそうですね♪ 安室奈美恵の12月に発売されたシングル・アルバムをまとめました!アルバム3枚、シングル4枚が12月にはリリースされています。



Red Carpet(2015年12月2日発売)

なんとなく「Baby don’t cry」に似たような前向きに進もうと思えるディアムバラード曲です。なのでライブで歌う時も笑顔でニコニコで歌っているのをよく思い出します。もしかしたらライブの定番曲になるかもしれない曲でしたが、これがリリースされてからは3回しかツアーがなかったので、そのうちの2回のツアーだけで歌われています。
「Red Carpet」もいい曲ですがカップリングの「Black Make Up」がめちゃくちゃかっこいいです!!これぞ安室奈美恵っていう感じでバッキバキに踊るダンス曲です。これは普通にMusic Videoが制作されてないだけでA面でいいのでは?というかっこよさです。「Break it」のようなスピード感のあるダンス曲でライブでもめちゃくちゃ盛り上がるし、これ聴いた瞬間に「はい、安室ちゃんこの曲絶対好きだな」って思っちゃいました。聴いたことがない方はぜひ聞いて観てください!ライブDVDは「LIVEGENIC」で歌ってるのがおすすめです!

Chase the Chance(1995年12月4日発売)

“Chase the Chanc”で初めて紅白歌合戦に出場しています。12月4日に発売で紅白で歌うって良く考えると不思議ですよね(笑) 今年も11月のうちに紅白の出場者の発表されていますので、紅白出場の選考の時に選ばれた曲って訳ではないですね。時代を感じますね。スーパーモンキーズとして既にヒット曲を出せるようになってきて”Body Feels EXIT”で小室さんプロデュースでアムラーブームもきっと起きてたと思いますが、紅白で新曲を披露する安室ちゃん。
Chase the Chanceといえば”ラップ”と”ドームダッシュ”ですかね。私が人生で初めてラップと触れた曲が「Chase the Chance」だと思ってましたが、後に安室ちゃんが「So Crazy」のリリースのインタビューで「初めてラップに挑戦して難しかった」と語っていて”おや?Chase the Chanceのアレはラップではなかったのか”と思った記憶があります。20周年のドームツアーで始まった間奏での東京ドームのステージをダッシュする安室ちゃんビックリしましたね。あんなピンヒールでダッシュする事も、間奏で走った後に息切れせずにバシっと歌い始める事もビックリしすぎて笑っちゃいました。「夢なんて見るもんじゃない、語るもんじゃない、叶えるものだから」っていうワードの強さすごいですよね。安室ちゃんが歌うからこそ説得力が凄すぎて眩しい。安室ちゃんは夢を叶え終わったんだなきっと、かっこいい。



Sit! Stay! Wait! Down!/Love Story(2011年12月7日発売)

香里奈さんを主演ドラマ「私が恋愛できない理由」のタイアップでドラマで解禁だったのでドラマの初回の放送をドキドキしながら見てオープニング曲の「Sit! Stay! Wait! Down!」がめちゃくちゃかっこよくてテンション上がったけど、本当に月9の恋愛ドラマにこの曲で大丈夫なの?って少し心配してたらエンディングで名曲感がすごいバラード「Love Story」が流れてきてちゃんと月9って感じのバラードも用意されてて安心しました^^
ドラマ内で香里奈さんの役柄がライブスタッフの話だったので、実際に安室ちゃんのコンサートが終わった後にドラマのシーンが撮影されました。これは急遽発表されたので、私は偶然この日の代々木公演のチケットを持っていたので、発表された時はテンション上がりましたし嬉しかったです。”Love Story”では、ファンの方達も普段は手拍子なんてせず、ひたすら安室ちゃんにお祈りするように聴くだけだったのに、ドラマのライブシーン撮影の時はファンの人みんなで手拍子しながら聴いて、聴くファンの人達みんなでファンを演じてるような不思議な空間でした(笑)
このシングルにはカップリング曲「Higher」「arigatou 」の2曲が収録されている豪華4曲入りシングルです。「Higher」はライブでも盛り上がる1曲です。安室ちゃんも歌ってるときに楽しそうだったのできっとお気に入りの曲なんだと思います。

アルバム「STYLE」(2003年12月10日発売)

これからはこんな感じで行くけど、どう?ついて来れる?的なアルバム。最高なのです。ここからセルフプロデュースが始まったと思います。めちゃくちゃかっこいいR&Bアルバムだけど、このアルバムがリリースされた時に絶賛”SO CRAZY ベストシングルツアー”で全国ツアー真っ最中だったのでアルバム曲を披露する場がなくて残念。でも、追加公演で行った時に「As Good As」を歌ってくれて嬉しかったです。その後、ファンクラブツアーでプチSTYLEツアーぽい(映像化切望)セットリストだったり、数年後に「LIVE STYLE 2006」でまさかのSTYLE楽曲披露になったり、その後もベストツアーの時は「LIVE STYLE」というツアータイトルが引き継がれています。それほど安室奈美恵の歴史の中でも重要なターニングポイントになったアルバムになっていると思います。Finallyツアーの投票の時にダメもとで「Namie’s Style」に投票しました^^ ファンクラブツアーの時の「Namie’s Style」もう一度見たいなぁ。

アルバム「PAST < FUTURE」(2009年12月16日発売)

常に第一線でアーティスト活動をしていましたが、ベストアルバム「BEST FICTION」が爆発的大ヒットして、アリーナツアーも64公演で約50万人を動員する、安室奈美恵の2回目のブームを巻き起こしたと言っても過言ではないと思います。そんなBEST FICTIONの次に発表したアルバムが「PAST < FUTURE」です。ツアー中に発売したシングル「WILD / Dr.」はさらっとオリコン1位を獲得してヒットしましたが、シングル曲はその2曲だけの収録です。シングル曲が集まったベストアルバムの大ヒットの次のアルバムは、世間の期待も大きかったと思います。ですが、新曲(アルバム曲)がほとんどで構成されたアルバムになっています。タイトル通り"過去より未来"、ジャケットでは「BEST FICTION」を破る写真になっています。 シングル曲は少ないですが、Music Videoが新たに4曲制作されています。CMで使われてるタイアップ曲が2曲となっていたので全12曲中8曲はシングルクオリティというかシングル曲・MV制作曲・タイアップ曲が満載になっています。ジャケットはクールですが楽曲はポップな曲が多いかなと思います。

アルバム「break the rules」(2000年12月20日発売)

ほぼ洋楽なお洒落アルバム。小室さんと世界的なプロデューサー”ダラス・オースティン”の共作になっています。小室さんプロデュースからセルフプロデュースの移行期間であり、模索期間だった思います。小室さんの曲は、名曲「Never End」や「PLEASE SMAILE AGAIN」「no more tears」「HimAWArI」などキャッチーな曲とは反対に、ガッツリR&B曲で溢れています。発売当初は英語も全然わからないし正直、難しい・・・って思いました。でも、後に安室ちゃんの低音ボイスがR&Bだとはえるので定期的に急に聴きたくなります。「break the rules」「LOOKING FOR YOU」「never shoulda」あたりはカッコイイのでおすすめ。ライブ映像も小道具を多く使った演出をしています。



I HAVE NEVER SEEN(1998年12月23日発売)

産休育休あけの復帰第一弾シングル「I HAVE NEVER SEEN」です。めっちゃ童顔で幼い顔になってる安室ちゃんかわいい。メロディーはカッコ良くて小室さんぽいところも私はすごく好きな楽曲です。1年間安室ちゃんなしで生きてきたので、待ちに待った新曲だったので当時から応援してるファンの方は同じように思い入れがあるシングルかと思います。
あと、全然関係ないですがこれだけ何回も「I HAVE NEVER SEEN 見た事もない」が繰り返されて刷り込まれていたので、苦手な英語の文法もこれだけは一発で覚えました。”I have never 過去分詞” = “〜した事がない”、もし最近安室ちゃんファンになった学生の方がもしいたら役立ててください…。

12月発売の安室奈美恵の楽曲をまとめてみました。2021年も最後の月ですね。年末の特番で、過去のヒット曲特番みたいなので”安室奈美恵”が登場する事も多いかもしれません、きっとFinallyのドーム公演の映像だとは思いますが….。今年もあと1ヶ月、安室ちゃんの楽曲を聴いて最後まで乗り越えましょう♪

2021-12-01 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

コメントを入力する

Comment



Comment