あれから1ヵ月、沖縄で開催された安室奈美恵 花火大会・応援上映会の感想・レポ [WE LOVE NAMIE HANABI SHOW-]


安室奈美恵の楽曲に合わせて花火と光が沖縄の空を彩る花火ショー「WE LOVE NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン」が2019年9月16日という、引退からちょうど一年後の日に沖縄県、宜野湾市のトロピカルビーチで開催されました。歌手、安室奈美恵はステージにはいないけれど、沖縄のビーチには約4万人の安室ちゃんの事が変わらず大好きファンで溢れ、安室ちゃんの楽曲で盛り上がり、安室奈美恵のコンサートを体感したような気持ちになれるステキな花火大会でした。もう花火大会から開催されてから1ヶ月経ちました。花火大会や応援上映会の感想を今頃書こうと思います。少しですがiPhoneで撮影した花火大会の動画もあげてみました。

Huluで花火大会の見逃し配信をみる



WE LOVE NAMIE HANABI SHOW会場の様子


今年は応援上映会と花火ショーのチケットがセットで販売され、私が当選した上映会は第2回の11時くらいの上映だったので10時に会場に到着しました。花火大会は夜なので午前中は去年と比べるとやや人は少なかった気がします。でも去年とは違う穏やかな空気が流れていました。去年はやはり寂しさや悲しさが会場にもあったと思います。台風が今年も心配されていましたが、晴天で気持ちよかったです。風は少し強かったです。去年は、グッズのブースやセブンイレブンがお店を出していたスペースには今年は何もありませんでした。あれ?少し寂しい。無料で花火を観覧するスペースとして使われたようです。

グッズ会場には人がたくさん


グッズ会場は2017年の25周年記念の沖縄ライブでガチャガチャした会場でした。2017年の時はもうよく分からないけど会場の雰囲気に飲まれてガチャガチャをたくさんやってしまった思い出が蘇りました。でもマスキングテープが当たったりレアなのも当たって楽しかったな~あの時、もっとガチャガチャやっておけば良かったな~とか思い出に浸っていました。さて、今回は事前に発表されていたオフィシャルグッズですが、安室ちゃんは引退してるし、安室ちゃんの写真は無いし、25が26になってるだけだし、セブンイレブンのイラストは可愛いけどイラストだし…って思って会場に行くとと午前中なのに外まで並んでいました。すごいな!本当に安室奈美恵は!安室ちゃんファン凄いな!って思いつつもこれに並ぶのかと躊躇しました。でも上映会までする事もないので並びました。20~30分くらいでレジにたどり着けたと思います。



eminaトートバックが人気

沖縄のセブンイレブンで限定販売されたeminaトートバック4種類は1人4種類を2枚まで合計8枚まで購入可能でした。8枚買っている人もいましたし、4種類1枚ずつ買っている人も多かったです。イラストは可愛いと思いますが、安室ちゃんが見たい!安室ちゃんの写真使ってよ!eminaトートバックは買わないよ!と強い意志を持って並びましたが気がついたら1枚トートバックを購入していました。何故だ。でも、せっかく来たし、後悔はありません。買ってよかった、大切に使おう。他にはラバーバンドが会場限定だったので3つ購入しました。ペンライトは使いどころが分からなかったので購入しませんでした。でも、正解は応援上映会だったようです。買えばよかったかな。

特別応援上映会の感想・レポ

1時間半の応援上映会は、想像よりも未公開映像が多くて充実の内容でした。上映会をみる前の予想では、Huluが引退発表後1年間の間に追ったドキュメンタリーの映像の総集編とラストライブの安室ちゃん部分の映像かなと思っていました。

ラストライブの映像で盛り上がる!

ラストライブの映像の方は予想通りでしたが、安室ちゃんのライブは、山下智久さんとのコラボ「Unusual」の部分はカットで他は全曲流れました。(多分) 久々にライブって感じで楽しかったです。安室ちゃんのライブではペンライト無かったしいらないよ、なんて強がらずにペンライト買えばよかったなと思いました。「How do you feel now?」やっぱ盛り上がるし良いですよね。楽しかったです。
ライブリハーサルでも初めて公開された映像もありました。ジョリンさんとDOUBLEさんの私服?リハーサル着で行うリハーサルシーンはおそらく今回初めてだったと思います。だいぶ記憶が定かではなくなって来てますが。。。すでに配信されてたインタビューのシーンも久しぶりに見たのでみんな静かに見てました。

引退1週間前からのドキュメンタリー

ドキュメンタリー部分は、1年間の総集編ではなく、ほとんどが最後に配信されたラストライブ直前の1週間と当日の花火大会の日のドキュメンタリーでした。そこに未公開映像が織り交ぜた感じでした。そうですよね、1時間半で半分はラストライブの映像なのでドキュメンタリー部分は45分くらいとなると1年分の総集編より、最後の1週間に絞った方が濃い内容でよかったです。
安室ちゃんが沖縄に到着したシーンから始まったので25周年の沖縄ライブのドキュメンタリーから始まるのかと思いました。でも”違う!これもう引退直前じゃん!”と気が付き「あ〜もう1年経ったのか」「今、沖縄でこれを見ているのか」と不思議な感覚になりながら見ました。Huluの映像で離島で黄色いバラを持って歩くシーンの撮影のドキュメンタリーは素の部分が多かった気がします。安室ちゃんがカメラの前では?というか親しいスタッフ以外の方と喋る時は基本的に敬語です。今回の未公開映像では長年一緒にやって来たスタッフとの喋るシーンはフランクに楽しく笑う奈美恵ちゃんでした。久しぶりな感じがしました。Huluのインタビューアーの方とギクシャクした感じの話し方だったから。砂浜でヤドカリを捕まえてスタッフに撮らせるシーンとか、久しぶりにジャイアン感あって懐かしかったです。

去年の上映会を安室ちゃんは見ていた!

去年の引退当日の上映会は、実は安室ちゃんも見ていた事が判明!ステージの裏側で上映会で盛り上がるファンのみんなを一生懸命に覗いていました。そして最後にテープが飛び出すところで会場からも歓声が上がり、安室ちゃんも「今日(テープのとこ)一番盛り上がったね〜」的な感じで嬉しそうに笑っていました。あの上映会は沖縄25周年の上映会だったと思うので、去年自分も参加していた回だったかも!とテンション上がりました。
無理かもしれないけれど、今回の上映会の映像もHuluで配信してくれたら嬉しいですね!!



トロピカルビーチが開場


去年はブロックごとでしたが、今回は特にブロック指定もなく早い者勝ちでした。それに気がつかず開場30分後くらいに行ったら既にビーチには人が沢山いました。打ち上げの位置やスクリーンからは離れてましたがビーチには普通に座る事ができました。花火大会なので当たり前ですが、別に前でも後ろでも変わりません。むしろ後ろの方が見易いくらいで丁度よかったです。水の演出はビーチ内じゃないと見えないかもしれませんが花火も光の演出も無料エリアで十分に見えたと思います。開演ギリギリに来た人はビーチに座れなかったかもしれませんが、見えないという人はいなかったと思います。ブロック指定もないのか〜と初めは思いましたが、去年の結果を見てブロック指定は花火大会ではそこまで重要ではないという結論だったのかもしれません。結果的に問題なかったです。後ろの方でも近すぎるくらいでした。花火のカケラいっぱい降ってきました。

花火ショー「WE LOVE NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン」セットリスト


2019年9月16日「WE ▽ NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン」が沖縄県・宜野湾市のトロピカルビーチ特設会場で開催されました。去年とは楽曲も違うという事ですが、何とラストのHero以外の9曲は全て去年とは違う楽曲で構成されていました。セットリストはこちらです。

2019年9月16日

00.オープニング映像
01.ミスターU.S.A
02.太陽のSEASON
03.Fight Together
04.a walk in the park
05.Tempest
06.CAN YOU CELEBRATE?
07.Christmas Wish
08.Red Carpet
09.Hope
10.Hero

去年がファイナルツアーを花火ショーで表現していたとしたら、今年は25周年の沖縄ライブを花火ショーで表現したようなセットリストでした。いきなり「ミスターU.S.A」で始まった事でそう思いました。引退よりも沖縄で安室ちゃんの楽曲で花火見てる!っていうポジティブな気持ちで楽しめました。「Tempest」が入っている点も、沖縄愛を感じました。9月の沖縄で「Christmas Wish」が流れてビックリしましたが、メロディーが軽快で気持ちのいい楽曲なので沖縄のビーチで聴いても良かったです。セブンイレブンのクリスマスキャンペーンでの楽曲提供だからセットリストに入ったのかな?と思います。「Red Carpet」はツアー中にさらっとリリースされ、ダンス曲でもなかったので目立たない楽曲ではありましたが、今回選ばれて『不思議な選曲でLIVE STYLE感がある〜』と思いながら見てました。

ちなみに去年、2018年は

01. Do it For Love
02. Body Feels EXIT
03. Mint
04. Showtime
05. Just You and I
06. Get Myself Back
07. Baby Don’t Cry
08. TRY ME~私を信じて~
09. Chase the Chance
10. NEVER END
11. Fighter
12. Hero
13. Finally



スクリーンに安室ちゃんのライブ映像が


今年は大きなスクリーンが設置されいました。映像は25周年の沖縄ライブ映像が多く流れていました。去年も音源はファイナルドームツアーでしたので、それにさらに映像も流れ合わさる感じです昼間に参加した上映会もライブ体験の様な感じになりましたが、夜の花火大会も映像がつく事でよりライブを体感している様になりました。この点は画面に近い方がよかったかもしれないと思いました。と思いましたが大きなスクリーンといえど広大な花火のスケールには勝てません。安室ちゃんの映像は魅力的ではありますが、花火と音楽、光の演出がやはりメインで、途中チラチラと映像を見て「あ〜この時の安室ちゃんの笑顔〜」とか思い出しながら見れる良いツール的な感じになってました。沖縄ライブやファイナルツアーで歌っていない楽曲は、イメージ映像というか安室ちゃんがライブで歌う時のバックで流れるような背景映像が流れていました。スクリーンがある事で、安室ちゃんの映像を見ながら花火が見られるのは良かったです。でも、それがメインになることはなくそれ以上に花火と光が美しかったです。

とにかく光の演出が美しかった


花火も去年に引き続き豪華でとても綺麗でした。曲に合わせて打ち上げられる花火たち、都内の花火大会よりも豪華に感じます。沖縄のビーチと安室奈美恵の楽曲がそう思わせるのかもしれません。今回特に感じたのは”とにかく光が美しい”ということです。あれは雲に光が当たってオーロラの様に見えるのは計算してそうしてるのか、天候により雲が想定よりも多くて本来とは違う表現になったのか?ずっと考えてしまうくらい美しかったです。レーザービームってコンサート会場だけでなくて野外でもあんなにハッキリと綺麗に出せるものなの?すごかったです。スクリーンで安室ちゃんのライブ映像があるからライブに行った感覚になったのもありますが、このレーザービームを多様した演出がコンサートという感覚になったのだと思いました。



最後に

安室ちゃん自身は歌手としての活動は終えました。しかし、これまでの安室奈美恵の作品、楽曲の管理やビジネスは続いていくのだと思います。「ビジネス」というと安室ちゃんを利用してお金稼ぎをしないで欲しいと反応もいます。私は安室ちゃんとスタッフの方がチームとなって25年間築き上げてきた安室奈美恵というブランドを汚すような事は嫌だけれど、安室ちゃんの作品がこれからも世間の人に思い出してもらい、好きになってもらう機会はいくらだってあっていいと思います。商業的にも成功したアーティストだからこそ今でもビジネスが成り立つ、それは私のファンとしての誇りでもあります。
今回の花火ショーや200万枚以上を売り上げたオールタイムベストアルバム「Finally」の配信開始、Apple Musicなどのサブスクリプションでの楽曲配信の開始など、2019年の6月くらいから安室奈美恵のニュースを目にする事が多くなりました。最近だと、Music VideoのApple Musicでの配信も始まりCMで映像を見たり、渋谷のセンター街をジャックする広告展開も行いました。安室ちゃんをテレビや街で見れるのはやっぱり嬉しかったです。今後も何か「あ!安室ちゃんだ!」って思えるような展開があったらいいなと思います。

2019-10-18 | Posted in LiveNo Comments » 

関連記事

コメントを入力する

Comment



Comment