安室奈美恵 6月発売シングル・アルバムまとめ [シングル1枚・アルバム4枚]

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月に発売された安室奈美恵のシングル・アルバムはめちゃくちゃ多いです。安室奈美恵=「夏」のイメージがなんとなくあるのは、安室ちゃんが沖縄出身というだけではなく、夏のリリースが多いかなのかもしれません。初夏にアルバムをリリースして、夏から全国ツアーがスタートするのが安室奈美恵のお決まりのスタイルになっていたのだなぁと改めて思います。



Ballada [バラードベストアルバム](2014年6月4日発売)

バラードベストアルバムです。ファン投票で選ばれたバラード楽曲が15曲とボーナストラック「Contraill(Ballad Ver.)」が収録されています。「
「CAN YOU CELEBRATE? 」「SWEET 19 BLUES」「Four Seasons」「HimAWArI」の4曲は新たに再レコーディングされMusic Videoも制作されています。安室ちゃんのダンス曲やR&B、EDM曲を聴かない人達にもバラード曲は共通で響くのか人気ですよね。人気投票で「CAN YOU CELEBRATE?」「SWEET 19 BLUES」「Love Story」は必ずランクインしますもんね。

CAN YOU CELEBRATE? feat.葉加瀬太郎

葉加瀬太郎さんとフィーチャリングしてクラッシックぽくなってる印象ですが、テンポはオリジナルと同じなのでアレンジもそこまで変わってないです。この曲は最後の「Can you kiss me トゥナー↑ーイ?」の部分がシングルバージョンだと転調しないけど、ライブで歌う時は当時から転調するので、再レコーディングバージョンを聞いた時に「転調してる!!」ってテンション上がりました。ちなみにシングルに忠実に再レコーディングされた「Finally」でもここは転調してて割と嬉しかったな。

SWEET 19 BLUES(Ballada Ver.)

アレンジをそのままで再レコーディングされています。「Ballada(2014年)」と「Finally(2017年)」と比べて聴いても区別つかないかもしれないです。ただこれはMusic Videoがすごいです!!当時のセットを再現して、今の安室ちゃんが歌うというエモすぎるMusic Videoです。当時の映像を安室ちゃんが眺めていて昔と今が交差します。あとは単純にこのMVの安室ちゃんが美しいです。バラード曲はダンス曲と違い衣装やメイクが私服ぽい衣装なところもいいですよね。

Four Seasons(Ballada Ver.)

アルバム「Style」に収録されている楽曲です。セルフプロデュース期に入りR&Bのダンス曲が多い中にバラード曲である「Four Seasons」が収録されていたのが印象的でした。アルバム曲のバラードだったら私も一番好きかもしれないです。たしか投票した、、、はず。LIVE STYLE 2006で黄色い蝶々の紙吹雪の中で優しく微笑みながら歌うのをすごく覚えてます。Music Videoでは四季それぞれの衣装を着た安室ちゃんが見られます。



You’re my sunshine(1996年6月5日発売 )

夏の安室奈美恵を象徴するような楽曲ですね。ダンスも激しくてダンスの見せ場も多いのでセットリストにも入る率もかなり高かったです。この曲は小室さん特有の高音楽曲だと思いますし、安室ちゃん自身も高音キツそうだったり、ダンスが激しくて疲れやすい楽曲だと思うんです。でも、いつの間にか余裕で歌うようになってませんでした?気が付いたら余裕で歌うようになってたんですよね。2012年の20周年のドームツアーで
はもう余裕です。Finallyでももちろん余裕です。歌い方・声の出し方を変えたのか余裕です。見えない努力をしてるのかな?と想像して勝手に誇らしく思ってます、「You’re my sunshine」聴くと。

_genic(2015年6月10日発売)

まさかの安室奈美恵ラストのオリジナルアルバムです。ほとんど歌詞が英語で和訳が別紙で付いています。さらにシングル楽曲は1曲も無しのオール新曲で構成された完全なオリジナルアルバムです。攻めまくりのアルバムなのです。「Photogenic」のティザー映像が公開された時のドキドキと興奮は今でも忘れられない。めちゃくちゃカッコイイアルバムです。安室奈美恵といえば「CAN YOU CELEBRATE?」「Hero」な人にも聴いて衝撃を受けてほしい1枚。LIVEGENICツアーもカッコ良かったなぁ!!

PLAY(2007年6月27日発売)

「STYLE」「Queen of Hip-pop」と安室ちゃんのやりたい音楽の世界観がどんどん研ぎ澄まされていき、この「PLAY」がセルプロデュースの集大成のような作品になっています。このあとからは海外の制作人との音楽制作が増えていきまた新しい世界に入っていきます。このアルバムでは「Hide & Seek」は衝撃の楽曲だったと思います。ムチを持ったポリス衣装にそれほどアップテンポではないですがダンスもカッコよく、セットリストに頻繁に入る人気曲でFinallyツアーにも選ばれています。「Baby Don’t Cry」など人気シングル曲も収録されていますが、私は特に「Hello」と「Top Secret」が好きで聴きまくりましたね。あと「White Light」がアルバムに合わなかったのか未収録なのに両A面の2曲目の方の「Violet Sauce」が収録されてるところも安室ちゃんのこだわりを感じます。大好きなアルバム!



Uncontrolled(2012年6月27日発売)

13曲中9曲がシングル曲で、新曲4曲はMusic Videoも制作されているのでもはやベストアルバムなのでは?というようなデビュー20周年にリリースされたオリジナルアルバムです。シングル曲が多く「Love Story」のような大ヒット曲も収録されているのでオリコン2週連続1位を獲得したり大ヒットしたアルバムです。当時はアルバム4曲だけかぁ、その4曲を聴くためのアルバムになりそうだなと思ってこれを聴くと驚きが。「GO ROUND (‘N ROUND ‘N ROUND)」と「SINGING “YEAH-OH”」というシングル曲のアルバムバージョンが。ハイハイ、リミックスねって聴くと歌詞が全部英語になってる!!日本語だった歌詞の部分も英語になってる!!こんなのありなの??としびれましたね。シングルバージョンと聞き比べてみてください。

最後にまとめ

6月にアルバム4枚も出してたなんて、、、。ちなみに来月の7月は5枚もアルバムリリースしてます。この発売月まとめ企画はリリースが夏に集中しているということを調べもしないで始めたので驚いてます。安室奈美恵といえば夏なんだと改めて感じますね。
アルバムはシングルと違って、CDで初めて聴く楽曲にドキドキしましたよね。あのワクワクはもう味わえないと思うと寂しいですが25年間で残していってくれたアルバムをじっくり聴こうと思います。

2020-06-01 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

コメントを入力する

Comment



Comment